カードローン 職業別

専業主婦でも、今すぐお金を借りられる最も早くて簡単な方法とは?

収入のない専業主婦でも、カードローンを利用できるのか?専業主婦でも利用できる理由

専業主婦が借り入れできるカードローンは、限られてきます。
消費者金融などの貸金業者が提供するカードローンは、収入がないと借りることができません。
貸金業者には、総量規制が適用されるためです。総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付けを禁止する制度で、例えば100万円の融資を希望する場合は、最低年収300万円ないと借りられないということです。
これは、返済能力のないものに無理な借り入れをさせないための制度です。過去に過剰融資によって自己破産に陥る人が増えたり、貸金業者による不適切な取り立てや督促があ ったため導入されました。

専業収入は自己収入0のため、消費者金融のような貸金業者から借りることはできませんが、銀行カードローンなら借入できる可能性があります。

銀行カードローンを取り締まるのは貸金業法ではなく、銀行法だからです。
法律上、自己収入のない専業主婦でも借りることが可能ですが、どの銀行カードローンでも借りられるわけではなく、専業主婦貸付OKとしているところに限られます。
専業主婦貸付OKとしている銀行は大手をはじめ数多くあるため、借りる場所がなくて悩むということも少ないでしょう。

カードローンは、個人の信用を担保にお金を貸すため、自己収入0の専業主婦の場合は返済能力がなく信用力がないと思われますが、専業主婦でいられるということは、配偶者に収入が安定しており家計に余裕がある状況と判断できるのです。そのため、配偶者に安定した収入があるが融資の条件とされています。
とはいっても、配偶者の収入証明書や同意書などわずらわしいものを用意する必要もないので、旦那さんに内緒で借りることもできます。(一部、配偶者の勤め先へ在籍確認をすることが条件のカードローンもあります。)

ただし、借入できる金額は高くはありません。
相場は専業主婦30万円、学生10万円と言われており、この範囲内で申し込みするのが基本です。
たくさん借りようとすると審査の難易度が高くなりますので、30万円以内で必要な金額だけを借りるようにしましょう。
審査というのは誰にでも同基準が設定されているわけではなく、金額を大きく希望するほどハードルは高くなります。無理をしない借入をすることが審査にパスするコツです。

専業主婦でもOKのカードローンはどこ?

専業主婦でも借りられるカードローンを探すなら、まずは大手銀行系から当たってみるとよいでしょう。

三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行バンクイック、みずほ銀行カードローン、新生銀行カードローン、楽天銀行カードローンなど、多くの銀行が専業 主婦への貸付をおこなっています。
金利は、消費者金融と比べて低金利なところがほとんどでなのも嬉しいポイントです。

地方銀行も、専業主婦への融資に力をいれてきています。
有名なところでは、静岡銀行カードローンセレカ、東京スター銀行スターカードローンです。
これらは地方銀行でありながら、申込者の地域制限はなく、全国から申し込みが可能です。
全国対応の地方銀行カードローンは、数は少なく、基本的には地方銀行はエリアが限定されるものと思っておいてください。
例えば、千葉銀行カードローンであれば、千葉だけでなく東京、埼玉、茨城、神奈川県の一部のエリアが対象となっています。
対象エリアは、各銀行で確認しましょう。
地方銀行を選択する場合は、すでに口座を開設してあるところ何らかの取引実績があるところを選ぶとよいです。

また、ネットバンク系の銀行も視野に入れておくといいでしょう。
ジャパンネット銀行ネットキャッシングや、ソニー銀行のカードローン、楽天銀行スーパーローンなどです。
ジャパンネット銀行は、配偶者の勤務先に在籍確認をすることが条件となっています。

上記のように多くの銀行で、専業主婦への融資を行っています。
また、一部の貸金業でも例外的に「配偶者貸付け」制度を実施して、専業主婦への貸付をしているところもあります。
これを利用するには、配偶者の同意書と婚姻証明書の提出をする必要があります。
審査では、配偶者の勤務先への在籍確認が行われますし、信用情報機関への個人情報の照会もされます。
無事に通過すれば、夫婦の年収の合計の3分の1まで借りることができますので、限度額が30万程度の銀行カードローンよりも多く借りられる可能性があるのです。
しかし、配偶者貸付制度を実施している貸金業者は数少なく、利用者にとっても配偶者の同意を得るのはハードルが高いと感じられることから、ほとんど利用されることはありません。

実施している貸金業者は、レディースフタバ、ベルーナノーティスなど。かなり限定はされますが、夫婦で協力をして、少しでも多く借りたいのであれば検討してみるとよいでしょう。

カードローン選ぶのポイント

①低金利

カードローンでお金を借りた後は、返済がはじまります。返済は、毎月、元金+利息を支払っていくことになるため、なるべく金利の低いものを選ぶのがよいでしょう。

金利は、各金融機関によってばらつきがあるものの、一般的には、銀行カードローンと消費者金融を比較すると、銀行カードローンの方が低く設定されています。
配偶者貸付けを利用する人は少ないかもしれませんが、まずは銀行カードローンから探してみるのがいいですね。

参考までに、いくつか載せておきます。

ベルーナノーティス 8.0~18.0%
千葉銀行 1.7~14.8%
みずほ銀行 2.0~14.0%
楽天銀行 1.9%~14.5%

専業主婦に適用されるのは、高い方の金利であることがほとんどです。
消費者金融と比べると、4%近く違うのがわかるでしょう。

例えば、
30万円を年利18.0%で借りて、12カ月で返済する場合は、毎月27,503円の返済。
30万円を年利12.0%で借りて、12カ月で返済する場合は、毎月26,936円の返済。

毎月単位で見れば、わずかと感じるかもしれません。
しかし、カードローンは1度契約をすれば、限度額まで何度でも借りられるため、くり返し使う人が多いのです。

長い目で見て金利を考えること、自己収入のない専業主婦だからこそ金利の負担を減らすことが大切です。
カードローンを選ぶ時の基準として、スピードや手軽さなどよりも、なにより金利の面で選ぶのが賢明です。

②家族にばれない

専業主婦の人がカードローンでお金を借りる場合、夫や家族にばれない形にしたいと思う人が大半です。

そのためには、カードローンを行ったことが分かる郵送物などが、自宅に送られない銀行を選ぶと良いでしょう。
送られてくる可能性のある郵送物は、契約時のローンカード、毎月の利用明細、延滞時の督促状です。

銀行では、支店のATMコーナーにカードローンの自動契約機が備え付けられているケースがほとんどです。
自動契約機でカードを発行すれば、後から自宅に送られてくることはありません。
毎月の利用明細についても、WEB明細を選択すれば毎月送られることはないので、安心ですね。
このような設備を備えて、郵送物が自宅に送られてこない銀行はたくさんあります。

また、銀行カードローンのATMは各銀行の支店にあるので、家族や知り合いに見られたとしても、お金を引き出したり預けたりしにきたのかな程度にしか思われないでしょう。
銀行への出入りによって、カードローンの利用が家族にばれる可能性はあまりありません。

ただし気を付けなければいけないのは、返済を自動引き落としにした場合、通帳に「カードローン返済」の記録が残ってしまうので、家族に見られる危険性があるということです。

銀行カードローンでお金を借りた場合、返済方法はいくつかあります。
一番簡単な方法は、同じ銀行の普通預金口座からの自動引き落としですが、通帳に履歴が載ってしまうデメリットがあります。
自分だけの口座で、家族が見る心配がないのであれば問題ないでしょう。
例えば、インターネット・バンキングで、通帳を持たずWEB上で確認するプランを利用している人は、暗証番号を家族に知られていない限り見られる心配はないかと思います。
自動引き落とし以外の返済方法として、ATMでの返済、振込みによる返済があげられます。
ATMでの返済であれば、多少めんどうですが家族にバレる可能性は低い点がよいですね。

最後に、返済の延滞はしないことが重要です。
延滞をすれば、ハガキで督促状がきますし、電話もかかってきます。これを避ける方法は、延滞をしないことしかないのです。

上記のことに気を付ければ、家族にばれずにカードローンを契約することは十分に可能です。
必ず郵送物は自分が確認できるという人や、通帳までは家族は見ないという人は、そこまで意識する必要はないのですが、専業主婦の方にとって配偶者にばれてしまった時の肩身の狭さは、言葉では言い尽くせないほどのもの。
融資を申し込む前に銀行のホームページなどで、返済方法について確認を行いましょう。

③審査時間が短い

専業主婦の人がカードローンを申し込む場合、審査時間が短いものを選ぶことが重要です。
なぜなら、カードローンの申し込みから融資までは、なんだかんだ半日がかりになるのが通常であり、ご主人が帰宅するまでに間に合うのかびくびくする状況でしょう。
義父母と同居していれば落ち着く時間などはありませんよね。

即日融資に対応している銀行カードローンは一部ですが、少しでも審査時間の短いカードローンに申し込むことで、専業主婦の心の負担を減らすことができるでしょう。

また、手続きが簡単でスムーズにいくことも大切です。
すでに普通預金口座があるメガバンクであれば、カードローンの手続きもスムーズになります。メガバンクであれば、口座を持っている専業主婦の人が多いでしょう。

メガバンクのカードローンは、専業主婦の人でも借りられる場合が多く、少額融資であれば夫など家族の収入証明書なども不要にな っており、保証人も要りません。口座がある銀行でインターネットからカードローンを申し込むことで、審査待ち時間が短くなります。

取り引きがある銀行の審査待ち時間が長い場合は、新しい銀行でカードローンを行うことも選択肢の一つになります。インターネットで調 べれば、審査時間が短い銀行カードローンの情報がたくさんありますので、実際に申し込む前に調べておくと、効率的に手続きを行うこと ができます。

なお、インターネットで銀行にカードローンを申し込む際、入力する電話番号は自分の携帯番号を使うようにしましょう。審査の段階で、 銀行から本人確認の電話がかかってくることがあります。自宅の電話番号を申し込みの際に入力してしまうと、銀行の担当者からの連絡に 家族が出てしまう可能性があります。

家族にばれないように気を使っていても、銀行から電話が自宅にかかってきてしまっては元も子もありません。カードローン実行のために は本人確認の電話が必須になっている銀行もありますので、やりとりは携帯電話を使って行いましょう。

④レディースローンがある

金融機関の中には、レディースローンを提供しているところがあります。
レディースローンとは、申し込みから融資まですべて女性スタッフが対応していくれるサービスです。
女性スタッフしかでない専用のフリーダイヤルが用意されており、女性同士で安心して話ができ、相談しやすい雰囲気でお金を借りることができます。ただし、レディースローンといっても、女性に審査が甘くなるわけではありませんし、金利や待遇など通常のカードローンと変わることはありません。

審査の手続きで発生する本人確認の電話も、女性のスタッフからかかってきます。
カードローンの担当者からの電話が男性の場合、事務的な内容であってもいろいろと話しにくいことはあるものです。男性というだけで、威圧感を感じたり金融機関とのやり取りは女性スタッフと行いたいと考えている人は、取り扱いのあるカードローンを調べてみましょう。銀行カードローンでは、新生銀行レイクのレディースレイクが有名ですが、地方銀行でも数々取り扱いがあります。

最近では、申し込み、審査、融資実行までをすべてインターネット上で手続きできるWEB完結型のサービスを利用する人が多く、スタッフの性別はあまり関係ないと思っている人もいます。
レディースローンをおすすめしたいのは、特に、相談事や質問がある人です。女性の方が話しやすいのはもちろん、女性と男性は脳の仕組みが違うので、男性からの説明がわかりにくいと感じる人も多いからです。

⑤自動契約機が近くにある

自由になる時間があまりない専業主婦の方の場合は、自宅近くに自動契約機がある金融機関を選ぶとよいでしょう。
家族に見られてしまう心配があるかもしれませんが、銀行系のカードローンであれば、多くは銀行の支店に自動契約機が設置してあるため、見られても言い訳ができます。
自動契約機にいる時間を少しでも短くするには、インターネットから申し込みをすませ、審査を終わらせておくことです。無事審査に通過したら、自動契約機での契約を選択し、近くの自動契約機に行ってカードを発行します。
この方法なら即日融資も可能ですし、自動契約機では手続きを迅速に済ますことができます。申込から自動契約機でするよりも大幅に時間を短縮することができるのです。

振込融資であれば、家から出ずに融資をしてもらうことができますが、通帳に銀行カードローンからの入金記録が残ってしまいます。
振込融資と自動契約機での契約とどちらが都合がよいかは、人によって違いますが、融資されたお金が銀行口座に合った方がよいかお財布にあった方がよいかという点で考えるとよいでしょう。
クレジットカードや家賃・公共料金などの自動引き落としに間に合わなくて、お金が必要…と言う場合は、銀行口座にお金があった方がよいですよね。
一方、急なお祝いごとや生活費の足しにということであれば、手元に合った方がよいでしょう。

お金が必要な時は、なるべく早く融資をされたいものですし、手間も少ない方がよいはずです。
自動契約機あることによって、手間を省いたり、家族バレの不安を取り除いたりすることができますので、カードローン選びの1つのポイントとして検討してみてください。

即日融資のためのポイントは?

専業主婦が即日お金を借りる方法は、少し難易度が高いと言えます。
即日融資に当たり前のように対応しているのは、消費者金融であり、専業主婦が借りられる銀行カードローンや配偶者貸付制度を利用できる消費者金融では、即日融資に対応しているところは少ないからです。
基本的には、銀行カードローンは審査に時間がかかるものなので、専業主婦の方は時間に余裕をもって行動をするのが賢明です。

しかし、数は少ないものの即日融資に対応している銀行カードローンもあります。
例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイック、静岡銀行セレカ、じぶん銀行カードローン、新生銀行レイクです。
誰でも即日融資が可能なわけではなく、銀行によっては指定口座を持っていることが条件になります。

また、申し込みは午前中に行っておくのが理想的です。
即日融資を受けるには、時間が勝負ですから、審査可能時間と自動契約機を利用する場合は、自動契約機の営業時間について必ず確認しましょう。
振込融資の場合は、15時までには審査と振込手続きをすべて終わらせていないといけないため、時間があまりありません。審査時間は、最短審査時間で終わるとは限りませんので、午前中の行動が肝心です。
自動契約機を利用する場合は、振込みよりは時間があるものの、自動契約機の営業時間とカード発行にかかる時間などを考えて、よゆうのある行動をするようにしましょう。

審査をスムーズにするには、書類不備をなくすことや少額融資を希望することも大切です。
書類に不備があると、確認を取るために時間がかかり、融資が後日になってしまうケースは少なくありません。
足りない書類や書き間違いがあることはもちろん、嘘の申告や書類が不明瞭であってもいけません。
例えば、引っ越したばかりで免許証の住所を書き換えていない場合は、現住所地と本人確認証明書の住所が違っていることがよくあります。このような場合は、免許証だけでは本人確認が取れないため、免許証以外の書類の提出を求められます。住民票や公共料金の領収書数か月分などです。
不安な場合は、事前に金融機関に連絡をして、必要書類を聞いておくのがいいでしょう。
審査が午後3時以降までかかった場合は、翌営業日の融資になるのが普通ですから、審査が滞らないように準備をしておきましょう。

また、専業主婦の場合は融資の限度は30万程度ですが、限度額に関わらず希望額は少額に抑えておくのが、即日融資のポイントです。
たくさん借りようとするほど審査のハードルは高くなり、その分時間がかかってしまいます。
即日で借りるためには10万円以内にしておくのがよいでしょう。

必要な書類と融資までの流れ

カードローンの申し込みをするにあたって、まず必要書類を準備しましょう。
提出する書類は、それぞれの金融機関のホームページやパンフレットに書いてあります。基本的には、専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合は、免許証などの本人確認証明書だけで大丈夫です。
配偶者貸付制度を利用して、一部の消費者金融に申し込む場合は、配偶者の同意書や婚姻証明書、希望金額によっては配偶者の収入証明書が必要となります。

次に、申込みをします。
申し込みは、店頭や自動契約機、郵送でもできますが、最近はほとんどの方はスマホやパソコンを使ってWEB上から申し込みをしています。
申し込みフォームに記載する内容は、住所や電話番号、生年月日などの基本的な情報にくわえ、家族構成や住宅情報(持ち家か賃貸か、また住宅ローンや家賃に当てている毎月の支払額)、融資希望額、他社からの借入額、場合によってはご配偶者の年収などです。

申し込み後は、受付のメールや電話での確認がなされます。
必ず自分が出られる電話番号を記載しましょう。

申し込み確認の完了後は、ただちに審査に入ります。
審査は、記載された申込内容を確認して、返済能力を確認するものです。
専業主婦の場合は、当然勤務先への在籍確認は行われませんが、一部のカードローンでは配偶者の勤務先へ在籍確認をすることがあります。

審査結果が出ると、すぐに連絡があります。
通常は電話連絡であることが多く、この後の手続きの流れを説明してくれます。
審査にかかる時間は一般的に30分~1時間程度ですが、銀行カードローンは審査が当日に行われないことも多いです。

電話連絡後は、本契約になります。
振込融資を希望する場合は、メールで契約書が送付されてきますが、自動契約機でカードを発行してもらう場合は、本人確認証を持って(必要書類は結果通知の電話連絡で教えてくれます。)近くの自動契約機に行ってください。

融資は、振込融資であれば振込依頼をする必要があります。自動契約機で契約する場合は、カードを受け取った後に近くのATMでお金を引き出すことができます。

多少の違いはあるものの基本的には、このような流れで審査・融資が行われていきます。

専業主婦でも審査で有利になるポイントは?

専業主婦がカードローンの審査において、有利になるポイントと不利になるポイントがあります。

まず、他社からの借り入れがないことは有利なポイントです。他社からの借り入れとは、他のカードローンをすでに持っている場合に限らず、リボ払い、クレジットカードの分割払い、マイカーローン、教育ローンなども含まれます。
専業主婦の方は、マイカーローンや教育ローンなどのまとまった額のローンは、ほとんどご主人名義でされていることが多いと思いますが、クレジットカードの分割払いやリボ払いなどは見落としがちなので確認してみましょう。
他社からの借入れがある場合、一気に返済することはむずかしいのですが、なるべく少なくしておく必要があります。
銀行は消費者金融よりも借入件数に対してシビアなので、0~1件に抑えておくのが好ましいです。2件以上になると審査が厳しくなってくるので、他社から借りている場合は一本化も検討してみましょう。

また、クレジットカードの支払いなど滞納していないことも大切です。支払い日に数日遅れるような延滞もくり返し行っていると心証はよくありません。
もし支払いしていない分がある場合は、申込前に払っておきましょう。滞納や延滞は、お金にだらしがなく返済能力がないと判断されてしまいます。

住宅ローンは、他社からの借り入れに含まれませんが、月にいくら返済しているかは審査時に確認されます。持ち家であれば賃貸住宅よりも、審査は有利ですが、返済額が家族の年収に対して多すぎるとマイナスにもなってしまいます。
賃貸住宅だから不利、持ち家だから有利というわけではなく、いくら払っているかの方が重要なのです。ただし、持ち家自体が担保価値を有し、万が一の時は高い回収率が期待できるため、住宅ローンの支払額が賃貸の家賃よりも多かったとしても問題はありません。
また、持ち家・賃貸ともに、居住年数は長いほどよく、これは金融機関側から見て引越しするリスクが小さいという目安になります。頻繁に引越しをしていると生活が安定していないと判断されてしまうのです。

家族構成も、ちょっとしたポイントです。夫婦2人家族と、小さな子供が2人いる4人家族の場合は、夫婦2人家族の方が一般的には返済能力があると思われます。なぜなら、収入から、社会保険料や税金、年金などの支払い義務のある金額を差し引いた「可処分所得」が多いからです。可処分所得は、消費支出+貯蓄額でもあります。
万が一、返済が苦しくなったとしても、可処分所得が多ければ調整をすることができますが、小さなお子さんのいる家庭では調整がしにくいと考えられるのです。

さて、最後に配偶者の年収についてです。
もちろん、年収は多いほどよいですが、年収で300万円もあれば特に問題はありません。ただし、配偶者自身がまとまった借り入れをしている場合は、融資を受けられない可能性はあります。
過去に配偶者に金融事故があった場合も同様です。債務整理をした、2ヶ月以上の延滞をした、などの条件に該当すれば融資不可になる可能性が高くなるのです。

審査に有利になるポイントが一つもない方もいるかもしれませんが、申し込み時に虚偽内容を記載するほど不利になることはありません。嘘をつく人=信用力のない人なのです。
申し込みまでに、改善できる点があればしておくことはもちろん、不利になることはするのはやめましょう。

以上が、専業主婦が今すぐお金を借りるための情報です。
専業主婦の方が借りられるカードローンは多数ありますので、自分に合ったカード選びをしてくださいね。

関連記事

  1. カードローン 状況別

    主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン

    カードローンは、よくクレジットカードと比較されます。確かに、ど…

  2. カードローン 状況別

    カードローンで借りられるお金の増額をしたい

    カードローンとは最初に審査を受けて、この人であればこの金額までは貸せる…

  3. カードローン 職業別

    学生向けのカードローンは利用限度額に限りがある

    学生時代に金欠となった経験をする人は多く、大都市に多いキャンパスでは、…

  4. カードローン 状況別

    学生がカードローンを利用してお金を借りる時のポイント

    学生の時は一人暮らしをしていると金欠の状態になってしまう事も多いのでカ…

  5. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選

    一人暮らしをしている時にアルバイトで生計を立てていると収入が少ないので…

  6. カードローン 職業別

    アルバイトでも、カードローンで今すぐお金を借りる方法

    アルバイトでも、カードローンを利用できるか?カードローンとは、銀行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    カードローンで借りられるお金の増額をしたい
  2. カードローン 状況別

    主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン
  3. カードローン 状況別

    即日融資に対応している大手の消費者金融でキャッシングをするメリット
  4. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます
  5. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
PAGE TOP