カードローン 状況別

主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン

カードローンは、よくクレジットカードと比較されます。

確かに、どちらもカードを使う融資商品には違いありません。

しかし両者には、明確な違いが数点あるのです。

ショッピングとキャッシングの2種類の枠がある

まずクレジットカードの場合は、利用枠が2種類存在するのが特徴的です。買い物をしていますと、たまにカードで払っている方を見かけることがあります。
あれは、クレジットカードのショッピング枠というものを使っているのです。

利用限度額が設定されていて、その範囲内で金融会社が立て替え払いを行うというシステムになります。
それとクレジットカードはもう1つ枠があって、キャッシングなのです。

まさに金融会社からお金を借りる為の枠になります。

ATMでキャッシングの融資手続きを行えば、現金が出てくるでしょう。
現金を手にするのは、キャッシングの特徴と言えます。

キャッシングだけになるカードローン

それでカードローンという商品は、クレジット枠が存在しません

あくまでも融資限定の商品になるのです。

したがって上記のようにATMから融資を受ける事は可能ですが、お店でのクレジット払いの為に使うことはできません。
ですから、まずはショッピング枠の有無が両者の違いの1つと言えるでしょう。

海外旅行の付帯保険があるクレジットカード

それとクレジットカードは、よく海外旅行で活用されています。

海外では日本円の買い物も難しいですし、そもそもカード払いで買い物を行うお店が大多数だからです。
その兼ね合いで、クレジットカードには海外旅行用の保険があります。

海外にて買い物をした後に、万が一の盗難などが発生したとします。治安の兼ね合いで、そういう事もあり得るのです。
そういうネガティブな状況が発生した時には、クレジットカードではたいてい保険がおります。

その他にも、旅行用の保険サービスが色々あるのです。

保険は特にないカードローン

それに対してカードローンは、特に保険はありません。

そもそもキャッシング用のカードですから、海外旅行で使う機会も殆ど無いのです。

ですから保険の有無も、両者の違いの1つと言えるでしょう。

金利に関する違いがある

ところでカードローンには、金利に関するメリットがあるのです。
一概には言えない一面もありますが、総じて金利は低めに設定されています。

特に最低金利は、かなり低めなのです。なぜならカードローンの場合は、最低金利が1桁台に設定されている事も多いです。

金利6%や4%前後のカードも、中にはあります。

ところがクレジットカードですと、最低金利はやや高めになるのです。
全体的に15%以上の最低金利のカードが目立ちます。例外的に7%前後のクレジットカードもありますが、数は限られています。

やはりカードローンの方が、手数料は低めと考えて良いでしょう。

銀行のカードローンによる自動融資

ところで幾つかの銀行からは、カードローンは提供されています。それには、自動融資という機能が完備されているのです。

万が一の残高不足が生じた時に、自動的に融資が実行されるという機能です。

例えば毎月の電気料金を払う為に、銀行からの自動引き落としを活用しているとします。

それである月の電気料金の支払いが、6,000円だとします。ところが銀行の残高が2,000円ですと、もちろん4,000円不足してしまいます。それでは残高不足になってしまう訳です。
ところが銀行によるカードローンの契約をしておくと、4,000円が自動的に融資されます。

それで万が一の残高不足を回避できる訳です。
ちなみに融資が行われた旨は、もちろんかーどの保有者に通知される事になります。

それに対してクレジットカードには、自動融資という機能がありません

ですからその自動的な機能も、両者の違いの1つと言えるでしょう。

クレジットカードを扱っている業者の違い

またそれら2つのカードは、取り扱い業者に関する違いもあります。

基本的にクレジットカードは、クレジットカード会社の商品だと考えて良いでしょう。

ちなみに1社だけ例外はあります。
ある大手の消費者金融だけ、クレジットカードを提供しているのです。
逆にそれ以外の賃金業者は、クレジットカードは扱っていません。

それに対してカードローンは、その限りではありません。
多くの銀行がカードローンを提供していると共に、賃金業者も同様なのです。
実に数多くの消費者金融が、カードローンを扱っています

ですからどういう業者がカードを発行しているかも、両者の違いの1つと言えるでしょう。

2つのカード商品の主たる5点の違い

以上から、カードローンとクレジットカードの主な違いは5つあるのです。
ショッピング枠旅行保険金利の高低自動融資取り扱い業者です。

それぞれメリットとデメリットがある訳ですが、総じてカードローンという商品は、自動融資と金利の低さが特徴的です。

その2つのメリットにより、クレジットカードよりはカードローンの方が利用しやすいと評価されている事も多いです。

 

関連記事

  1. カードローン 状況別

    レディースローンのサービスは加入促進目的で行われています

    女性のみが申し込み可能なレディースローンは、主に消費者金融が多く募集し…

  2. カードローン 状況別

    即日融資に対応している大手の消費者金融でキャッシングをするメリット

    今すぐお金が必要な時は即日融資に対応しているカードローンを利用する必要…

  3. カードローン 職業別

    専業主婦でも、今すぐお金を借りられる最も早くて簡単な方法とは?

    収入のない専業主婦でも、カードローンを利用できるのか?専業主婦でも利用…

  4. カードローン 職業別

    アルバイトでも、カードローンで今すぐお金を借りる方法

    アルバイトでも、カードローンを利用できるか?カードローンとは、銀行…

  5. 初めてのカードローン

    銀行系カードローンと消費者金融系カードローンは競合関係にあります

    キャッシングの申込みをする際には、銀行系カードローンと消費者金融系カー…

  6. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 職業別

    学生向けのカードローンは利用限度額に限りがある
  2. カードローン 状況別

    カードローンの同時申し込みはなるべく避けたい
  3. カードローン 職業別

    専業主婦でも、今すぐお金を借りられる最も早くて簡単な方法とは?
  4. カードローン 状況別

    レディースローンのサービスは加入促進目的で行われています
  5. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い
PAGE TOP