初めてのカードローン

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンは競合関係にあります

キャッシングの申込みをする際には、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの両方から選ぶことになるので、選択肢の多さに迷う人もいるでしょう。

カードローンへの申込みに慣れていなければ、違いを詳しく理解しないまま申し込んでしまう可能性があります。

 

同じように見えて全く異なる仕組みを理解した上で、申し込み先を決めることが重要です。

金利が低い銀行系カードローンを先に申し込むと良い理由とは

利息制限法により上限金利が決められているので、10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満ならば18%、100万円以上ならば15%の上限金利です。

消費者金融からの業態転換により銀行系カードローンとなった場合や、地方銀行系カードローンは上限金利による貸付が行われているところがありますが、多くの銀行系カードローンは低金利で融資を行なっています。

同じ利用限度額であれば、金利が低く設定可能な銀行系カードローンにすれば、完済までに支払う総利息を最小限に抑えることが出来るでしょう。

 

審査が厳しいと思われがちな銀行系カードローンですが、一律に審査が厳しいわけではなく、銀行毎に審査基準が全く異なる点をよく調べてから申し込み先を決めることで、審査落ちをある程度回避可能です。

金利設定幅と自身の与信力を天秤にかけて、バランスの良い銀行系カードローンを選ぶと良いでしょう。

消費者金融系カードローンは審査の柔軟性に定評があります

金利面では銀行系カードローンに一歩及ばない消費者金融系カードローンは、審査の柔軟性と受付方法の多様性で勝負をしています。

消費者金融系カードローンは、貸金業法に基づいた融資を行なうので、年収の1/3以内までしか融資が出来ません。

他社消費者金融を含めた借入総額が総量規制の範囲内に収まっていることを確認した上で、柔軟な審査を行っていると評判の消費者金融系カードローンを選べば、融資を受けられる可能性があるわけです。

 

即日審査と即日融資を行なうために、大手消費者金融では自動契約機を全国に設置しているので、インターネット経由での申込みと審査を受けた上で、ローンカード発行のために自動契約機へ向かえば、土日であっても即日融資を受けることが出来ます。

銀行系カードローンでは、郵送または振込みによる融資が行われるので、夜間や土日受付時には週明けまで借入を待つ必要がありますが、消費者金融系カードローンは、平日仕事で忙しい人に対してもすぐに借入が出来る態勢を整えています。

総量規制に引っ掛かるようならば両者を有効活用しましょう

貸金業法に定められた総量規制に引っ掛かり、新規の借入が出来なくなっている場合には、銀行系カードローンならば適用される法律が異なるために審査に通過すれば、新規融資を受けられます。

総量規制の対象となるのは、あくまでも貸金業法に基づく融資を行なう信販会社や消費者金融が対象となるので、銀行系カードローンによる融資残高は含まれません。

 

銀行系カードローンの融資を受けられるならば、低金利の銀行へ借り換えを行なって空いた消費者金融系カードローンの利用限度額をそのままにしておけば、新たな借入が必要となった時に利用可能です。

多重債務者とならないためには、借入額の管理が必要となるので、望ましい方法では無いものの総量規制を回避するために銀行系カードローンを利用して借り換えを行っている人は少なくありません。

 

銀行系カードローンの返済実績をしっかり作ることで、更に銀行から増枠インビテーションを受けられれば、一気に消費者金融からの借入を減らして借り換えが可能となるでしょう。

銀行系カードローンは保証会社との契約が必要です

銀行系カードローンが低金利で融資出来る状況は、与信力管理をしっかりしているからです。

消費者金融系カードローンの金利設定は、利用限度額に応じて予め決まった金利が利用規約に明記されていますが、銀行系カードローンの場合には大手銀行ほど金利設定に幅を持たせた広告がされていることに気付くでしょう。

 

貸付利率5%~14%といった表記がされている場合には、同じ利用限度額が設定された場合であっても、申込者の与信力が高ければ5%に近い金利設定がされ、与信力が低ければ14%でしっかり返済が出来るか様子見されていることになります。

返済実績を作ることで、増額インビテーションを受けて金利設定見直しが行われれば、低金利融資を受けることが出来るわけです。

 

しかし、銀行系カードローンの申込み時には、保証会社との契約が必須とされているので、実質的な審査は指定されている保証会社が行っていると考えられます。

過去に延滞事故を起こした経験がある場合には、保証会社が以前迷惑を掛けた金融グループに入っていないか確認してから申し込む必要があります。

 

なぜなら、保証会社として指定されている信販会社や消費者金融はグループ内でハウスリストを共有しているので、保証会社の審査に通らない限り銀行系カードローンの審査にも必ず落とされるからです。

銀行系カードローンほど下調べを行なった上で申込みを行なう必要があります。

関連記事

  1. カードローン 状況別

    レディースローンのサービスは加入促進目的で行われています

    女性のみが申し込み可能なレディースローンは、主に消費者金融が多く募集し…

  2. 手続き

    カードローン利用時の審査機能も持つ保証会社とは?

    よく、「借金をするには保証人が要る」「担保がないと借入できない」という…

  3. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選

    一人暮らしをしている時にアルバイトで生計を立てていると収入が少ないので…

  4. カードローン 状況別

    主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン

    カードローンは、よくクレジットカードと比較されます。確かに、ど…

  5. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます

    カードローンを利用できる環境が、改正貸金業法の完全施行に伴い様変わりし…

  6. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    キャッシングやカードローンのデメリットを把握して最小限に抑える
  2. カードローン 状況別

    カードローンの同時申し込みはなるべく避けたい
  3. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
  4. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い
  5. カードローン 職業別

    カードローンを専業主婦が利用するためには覚悟が必要です
PAGE TOP