カードローン 職業別

カードローンを専業主婦が利用するためには覚悟が必要です

カードローンを利用して借入が必要となった時には、以前ならば消費者金融を利用して専業主婦本人の名義で家計のやり繰りを行えました。

しかし、本人に収入が無いことから、貸金業者からの借入が特定の例外を除いて全面的に出来なくなってしまいました。

 

法改正と金融業界再編に伴い、専業主婦がカードローンを利用するためにはある程度の覚悟が必要とされています。

消費者金融から本人名義で借入出来なくなった原因とは

専業主婦が消費者金融から借入が出来なくなった原因は、2010年6月に改正貸金業法が完全施行されたことに遡ります。

改正貸金業法により、信販会社や消費者金融には年収の1/3を超える貸付を原則として禁止した総量規制が定められ、違反した貸金業者に対しては罰則規定まで設けられました。

 

結果的に専業主婦は、本人に収入が無いことから、総量規制を遵守する限りにおいては利用限度額が0円となってしまうわけです。

改正貸金業法が完全施行される数年前から順次移行は始まっていたものの、突然借入が出来なくなったことにより、債務整理を行わなければならない人が登場するに至りました。

消費者金融を利用するためには高いハードルを超えなければならない

改正貸金業法に基づき、専業主婦が本人名義で信販会社や消費者金融から借入を行なうためには、配偶者の収入に基づく審査を貸金業者に対して依頼する必要があります。

配偶者の収入を審査の際に利用するためには、配偶者の同意書が必要となるので、家庭内でよく話し合わなければなりません。

 

改正貸金業法が施行される前までは、配偶者の同意なしに世帯収入により審査を受けることが出来ました。

なぜなら、専業主婦が家計全般を預かっていることが多く、本人に収入は無くとも事実上の財布を握っていることは確かだったからです。

 

しかし、配偶者の同意が必要となると、実際に消費者金融に対して配偶者の同意書を提出する人は少なく、家族内で配偶者に借金に対して打ち明けることが難しい現状が浮かび上がってきます。

制度としては、配偶者の同意書を消費者金融に提出することで、以前と同様に借入が出来るわけですが、実際には配偶者に内緒で借りていた人が多かったわけです。

銀行カードローンならば可能性があります

消費者金融に変わり注目を集めるようになった銀行カードローンは、貸金業法とは異なる銀行法による貸付が行われるので、総量規制対象外です。

本人に収入が無くとも、生計を一にする配偶者の収入に基づき審査を受けることが出来ます。

貸付額についても、返済可能と認められる範囲内であれば年収の1/3を超える貸付も行えます。

 

専業主婦にとっては、以前の消費者金融同様に配偶者の収入を基準として審査を受けることが出来るので、消費者金融から借入が出来なくなった代わりに銀行カードローンが利用されるようになりました。

しかし、銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利な貸付を行なうために、審査基準が厳しいとされています。

消費者金融では問題なく借入が出来ていたとしても、銀行カードローンでは審査に通らなかったというケースは少なくありません。

 

銀行カードローンを利用するためには、返済能力が十分にあることを示す必要があるので、個人信用情報機関へ登録されている信用情報をなるべく良い状態にしておく必要があります。

銀行カードローンで利用される個人信用情報機関は、消費者金融とは異なるケースが多いですが、国内の主要3機関に対してどのように信用情報が掲載されているのか確認してから申し込んでも良いでしょう。

 

少なくとも銀行カードローンの審査に1度落ちてしまったら、すぐに次を申し込まずに個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なって、問題点が無いか確認する必要があります。

銀行カードローンでは保証会社の存在に注意が必要です

銀行カードローンの申込みを行なう際には、保証会社との契約が必要とされています。

保証会社として銀行に指名されている会社には、銀行と提携関係が強い信販会社や消費者金融が入っており、申込者本人と配偶者双方が過去に保証会社として入っている金融業者と延滞事故や金融事故を起こした可能性が無いか確認しておく必要があるでしょう。

 

信販会社や消費者金融の統廃合は急速に進んでいるので、過去にトラブルを経験した貸金業者が名前を変えて銀行カードローンの保証会社として参加している可能性があります。

個人信用情報機関へ登録されている信用情報に問題が無いにも関わらず、銀行カードローンの審査に通過しない場合には、他社借入状況だけでなく保証会社の審査に落ちていないか確認する必要があるわけです。

 

実際に、銀行側の審査を通過していても、保証会社の審査に落ちているために銀行カードローンが審査落ちとなることがあります。

銀行カードローンでは、無担保ローンの実質的な審査を保証会社として参加している信販会社や消費者金融に任せているわけです。

関連記事

  1. 手続き

    カードローン利用時の審査機能も持つ保証会社とは?

    よく、「借金をするには保証人が要る」「担保がないと借入できない」という…

  2. カードローン 職業別

    アルバイトでも、カードローンで今すぐお金を借りる方法

    アルバイトでも、カードローンを利用できるか?カードローンとは、銀行…

  3. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選

    一人暮らしをしている時にアルバイトで生計を立てていると収入が少ないので…

  4. 初めてのカードローン

    銀行系カードローンと消費者金融系カードローンは競合関係にあります

    キャッシングの申込みをする際には、銀行系カードローンと消費者金融系カー…

  5. カードローン 状況別

    即日融資に対応している大手の消費者金融でキャッシングをするメリット

    今すぐお金が必要な時は即日融資に対応しているカードローンを利用する必要…

  6. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます

    カードローンを利用できる環境が、改正貸金業法の完全施行に伴い様変わりし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    即日融資に対応している大手の消費者金融でキャッシングをするメリット
  2. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと
  3. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます
  4. 健康

    医療用かつらと増毛の注意点
  5. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い
PAGE TOP