カードローン 状況別

プロミスを利用する4つのメリットと2つの注意点

プロミスは大手の消費者金融で三井住友フィナンシャルグループの完全子会社になっています。

大手銀行の子会社になっているので経営面ですごく安定しているので安心してお金を借りる事が出来ます。

 

またプロミスは消費者金融の中でもサービスが充実しているので利用する時にメリットになる点が多いのも特徴です。

それにより消費者金融を利用してお金を借りる時はプロミスを第一の選択肢にする人も多く現在でも利用者が増え続けています。

 

消費者金融の中でも人気があるプロミスですが、実際に利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

申し込みをしてから1時間でお金を借りる事が出来る

消費者金融はほとんどの業者が審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。

しかし消費者金融によって申し込みをしてからお金を借りる事が出来るまでの時間は大きく異なってきます。

中には審査が長引いてしまいお金を借りる事が出来るまで遅くなってしまう事もあります。

 

しかしプロミスは審査が最短30分で回答されるので申し込みをしてから1時間でお金を借りる事が出来ます。

即日融資に対応している消費者金融でも申し込みをしてから1時間でお金を借りる事が出来る業者は少ないので今すぐお金が必要な時に利用すると大きなメリットになります。

 

プロミスは融資スピードが優れている点を重視している人が利用するのに適している消費者金融です。

申し込みから借り入れまでの手続きがネット上で完結

プロミスの申込方法は自動契約機を利用してキャッシングカードを発行してもらうのが主流でしたが、ネットの発達とスマホの普及によってWEB完結申込を利用する事が出来るようになっています。

WEB完結申込を利用すると申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で完結させる事が出来るので自動契約機に出向く必要がなくなります。

 

また借入方法が振込キャッシングになるのでキャッシングカードの発行が不要になります。

キャッシングカードを発行してもらい持ち歩いていると家族や友人に見られてしまい消費者金融からお金を借りている事がバレてしまうのでキャッシングカードの発行が不要なのもメリットになります。

 

自宅に送られてくる郵送物も一切なくなるので手軽にお金を借りる事が出来るようになります。

電話以外の方法で在籍確認をする事も可能

消費者金融に申し込みをすると審査の中で在籍確認が行われます。

在籍確認は申し込みをした時に申告した勤務先に実際に電話をかけて本当に在籍しているか確認する事です。

 

しかし勤務先に在籍確認の電話をかけられてしまうと上司や同僚に消費者金融でお金を借りている事がバレてしまう可能性があります。

在籍確認の電話は社名ではなく担当者の個人名で電話をかけますが、上司や同僚の中で消費者金融を利用した経験がある人がいるとバレてしまう可能性もあります。

 

それで勤務先に電話をかけられるのに抵抗がある人も多いですが、プロミスは申し込みをする時に在籍確認の方法について相談すると電話以外の方法を提案してくれます。

それにより電話以外の方法で在籍確認してもらう事も可能なので勤務先に電話をかけられるのに抵抗がある人は大きなメリットになります。

初めて利用する人は借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来る

消費者金融はお金を借りる時に金利が発生してしまいます。

金利が発生すると利息が加算されていくので借りた金額よりも多く返済していかなければいけません。

それにより返済する時に負担がかかってしまうので初めて利用する時は不安になってしまいお金を借りるのを止めてしまう人も中にはいます。

 

しかしプロミスは初めて利用する人を対象に無利息サービスを提供していて適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。

プロミスの無利息サービスは適用時期が借入日の翌日からで30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。

特に少額の借り入れの場合は30日間で完済する事も可能なので無利息にしてしまう事も出来ます。

プロミスを利用するとこのようにメリットが目立ちますが、注意したい点もあるのでしっかり確認しておく必要があります。

そこでプロミスを利用する時の注意点も確認していきましょう。

上限金利の設定が高い

プロミスは消費者金融なので上限金利の設定が高いです。

銀行カードローンの上限金利は14.5%前後に設定されていますが、プロミスは17.8%に設定されているのでお金を借りた時に加算される利息も多くなります。

 

借り方や返済の仕方には注意する必要があります。

また初めて利用する時は無利息サービスを上手に利用しましょう。

借り入れをする時に年収制限される

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象となっています。

総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ないので借り入れをする時に年収制限されてしまいます。

 

年収が少ない人は限度額も少なくなるのでしっかり頭に入れておきましょう。

関連記事

  1. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

  2. カードローン 状況別

    キャッシングやカードローンのデメリットを把握して最小限に抑える

    キャッシングやカードローンについて検討するために調べていると、メリット…

  3. カードローン 状況別

    即日融資に対応している大手の消費者金融でキャッシングをするメリット

    今すぐお金が必要な時は即日融資に対応しているカードローンを利用する必要…

  4. カードローン 状況別

    主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン

    カードローンは、よくクレジットカードと比較されます。確かに、ど…

  5. 手続き

    カードローン利用時の審査機能も持つ保証会社とは?

    よく、「借金をするには保証人が要る」「担保がないと借入できない」という…

  6. カードローン 状況別

    家族にバレずに利用したい!カードローンを家族に知られずに利用する方法を徹底解析!

    思いがけずに急な出費が重なったり、緊急的にまとまったお金が必要となるこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生活

    自動車学校の合宿で、人気のあるところのデメリット
  2. カードローン 状況別

    カードローンの返済方法は1つでは無い
  3. カードローン 状況別

    カードローンで借りられるお金の増額をしたい
  4. カードローン 職業別

    学生向けのカードローンは利用限度額に限りがある
  5. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い
PAGE TOP