カードローン 職業別

カードローンはパート主婦でも利用できます

カードローンを利用できる環境が、改正貸金業法の完全施行に伴い様変わりしているので、パート主婦にとってはカードローンによる借入先を探す際に慎重に下調べを行なう必要が出ています。

なぜなら、パート主婦の収入は、配偶者控除の範囲内に制限して働いている人が多く、さほど大きくないからです。

消費者金融のカードローンは利用制限があります

パート主婦にとって改正貸金業法に伴う総量規制が導入されたことは、年収の1/3を超える借り入れが出来なくなったことを意味します。

今まで消費者金融では、世帯収入により審査を行なうことで、パート主婦であっても年収の1/3を超える借り入れが出来ていました。

同一世帯内では、家計を一にして生活していると考えられるので、配偶者の名義で借り入れを行なうよりも、パート主婦本人名義で借り入れを行なった方が、消費者金融にとっても連絡がつきやすく延滞事故が長期化せずに済むことになり便利でした。

しかし、総量規制が導入されたことで、配偶者の扶養控除を受けられる範囲内に収入を制限して働いているパート主婦にとって、借入額が年収の1/3に制限されることは家計にとって苦しい状況となっています。

配偶者の同意書を消費者金融に提出すれば、世帯収入による審査を受けることが出来ますが、実際には家計を一手に預かる主婦にとって相談が難しい状況にあります。

結果的に、配偶者からの同意書を提出して借り入れを行っているパート主婦は少ない傾向が続くわけです。

とはいえ、生活のためには新たな借入先を探す必要があります。

銀行カードローンならば世帯収入で審査してもらえる

消費者金融からの借り入れ額に制限があるパート主婦にとって、銀行カードローンという選択肢が登場しています。

銀行カードローンといえば、敷居が高いイメージが先行しているので、申込みに踏み切れるパート主婦が多いとは限りません。
しかし、銀行カードローンの中には、新生銀行レイクのように消費者金融出身のカードローン商品があります。

銀行カードローンは、銀行法に基づき貸し付けが行われているので、貸金業法に基づく総量規制とは無縁です。

銀行が返済能力有りと判断すれば、年収の1/3を超える貸し付けを受けることも可能です。

また、以前の消費者金融のように、配偶者の同意書を提出しなくても世帯収入で審査を行なってもらうことが可能です。

本人の収入だけでは、銀行カードローンの審査突破が難しいと考えられる場合であっても、世帯収入で審査をしてもらえれば十分に審査に通過出来る可能性が出て来るわけです。

全ての銀行カードローンがパート主婦でも利用できるわけでは無い

銀行カードローンには敷居が高いイメージがありますが、実際にパート主婦が審査に通過できない銀行も少なくありません。

なぜなら、銀行カードローンには商品ごとに、対象としている属性が異なるので、正社員や契約社員でなければ最初から審査に通らないカードローンも多いからです。

属性重視で貸し付けを行っている銀行カードローンは、金利設定が消費者金融とは異なり、極端に低く利用限度額設定も数百万円といった単位を対象としています。

同じ銀行内であっても、アルバイトやパート主婦でも申込み可能としているカードローン商品があるので、銀行カードローンの中からパート主婦でも申込可能な商品を探す所から始めると良いでしょう。

比較的金利が高く設定されているカードローンを選んで、銀行カードローンホームページを確認してアルバイト・パートでも申込可能としている所を選ぶことが大切です。

銀行カードローンの中には簡易審査を実施している所があるので、最初に簡易審査を行なってから借り入れ出来る可能性が高いと考えられる所のみ申込みを行なうと良いです。

銀行カードローンを申し込む際には保証会社について調べましょう

銀行カードローンが消費者金融と大きく異なる点として、申し込み時に保証会社の審査を受ける必要があることが挙げられます。

保証会社の保証契約を結ぶことを、銀行カードローンの貸し付け条件としているので、実質的には保証会社の審査に通れば借り入れが出来るわけです。

銀行カードローンの利用規約には、指定する保証会社の名前が記載されており、多くは銀行傘下に入っている信販会社か消費者金融が指定されています。

過去に保証会社として指定されている信販会社や消費者金融と、延滞事故を起こしたりトラブルとなったことが無いことを確認してから銀行カードローンに申し込むと良いでしょう。

銀行側が貸し付けを行いたいと判断しても、保証会社との契約が成立しない限りは、銀行カードローンを利用出来ないわけです。

銀行は、無担保ローンの審査に対して実績を消費者金融や信販会社ほど積んでおらず、有担保ローンの審査は得意であっても無担保ローンの審査は実績が少ない状況でした。

実質的に信販会社や消費者金融のシステムを利用することで、銀行カードローンの審査を早める効果があります。

パート主婦が銀行カードローン選びを行なう際には、保証会社選びとなる点に注意すると良いです。

 

関連記事

  1. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

  2. カードローン 状況別

    キャッシングやカードローンのデメリットを把握して最小限に抑える

    キャッシングやカードローンについて検討するために調べていると、メリット…

  3. カードローン 職業別

    アルバイトでも、カードローンで今すぐお金を借りる方法

    アルバイトでも、カードローンを利用できるか?カードローンとは、銀行…

  4. カードローン 状況別

    カードローンの返済方法は1つでは無い

    カードローンの返済方法は、金融業者により様々な方法が用意されていますが…

  5. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選

    一人暮らしをしている時にアルバイトで生計を立てていると収入が少ないので…

  6. カードローン 状況別

    学生がカードローンを利用してお金を借りる時のポイント

    学生の時は一人暮らしをしていると金欠の状態になってしまう事も多いのでカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 職業別

    学生向けのカードローンは利用限度額に限りがある
  2. カードローン 状況別

    カードローンで借りられるお金の増額をしたい
  3. カードローン 状況別

    学生がカードローンを利用してお金を借りる時のポイント
  4. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
  5. カードローン 状況別

    プロミスを利用する4つのメリットと2つの注意点
PAGE TOP