カードローン 状況別

カードローンの返済方法は1つでは無い

カードローンの返済方法は、金融業者により様々な方法が用意されていますが、1通りしか認められていないと不便に感じることがあります。

信販会社のカードローンに不自由さを感じてしまう人が多いのは、支払い方法が1通りしか用意されていないケースが多いからです。

 

最も返済方法が多い消費者金融では、最大4種類の返済方法から自由に選択出来るので、返済期日をしっかり管理すれば、守り続けることが出来るだけでなく、繰り上げ返済も可能となります。

カードローンの返済方法は4種類あると知っておきたい

銀行や消費者金融が行っているカードローン商品には、口座引き落とし、銀行振込、窓口払い、ATM返済と4種類の返済方法があります。

多くのカードローンでは、口座引き落としとATM返済に対応しており、銀行振込と窓口払いは例外的な返済方法とされているケースが多いです。

なぜなら、口座引き落としならば毎月一定額の返済を行なう方法に適しており、ATM返済では口座引き落としに失敗した場合と、随時返済を行なう時に利用出来るからです。

 

銀行振込が利用されるのは、1円単位の返済が必要となる最終返済日に完済するために利用されることが多いです。

窓口払いについては、都内などの一部大都市に金融業者の支店があり、営業時間内に訪れることが出来る場合に限られます。

 

大手消費者金融では、改正貸金業法が完全施行されて以降、窓口営業の大半を止めて支店営業を廃止していることが多いので、居住地域による成約を受けやすくなっています。

少なくとも口座引き落としと、提携ATM返済の2種類は最低限利用可能なカードローンを選ぶことが重要です。

複数の返済方法が選べるカードローンが理想です

複数の返済方法が選べれば、約定返済と随時返済を組み合わせて、完済を早めることが可能となります。

残高スライドリボルビング方式を採用しているカードローンが多く、毎月残高に応じて返済金額が指定されますが、あくまでもミニマムペイメントという扱いになるので、実際には指定されている金額以上の返済を行なっても構いません。

ミニマムペイメント額には、元金返済額と利息の両方が含まれるので、多く入金した際には差額が元金返済に充当されるわけです。

 

普段は口座引き落としによる返済であれば、約定返済日と等しくなるので、口座引き落としについてはそのまま行い、ATM経由での追加入金が随時返済としてそっくり元金返済に回ります。

利息の計算方法は、締め日時点での元金残高に対して、前回の約定返済日から今回の返済日までの日数に対する年利を掛けた金額になります。

 

元金残高を随時返済により早く減らしてしまえば、利息は更に少なくなるわけです。

返済方法次第では総利息に差が出てしまう

カードローンの返済方法には、入金方法だけでなく、そもそもの返済額を決める方法による違いがあります。

残高スライドリボルビング方式という方式が最も多く採用されており、次に定率返済が多い状況です。

 

逆に最もカードローンで採用されにくい返済方法には、元金定額返済があります。

金融業者が返済額計算方法を指定した上で、申込者が納得して契約を行なうので、残高スライドリボルビング方式しか無くてもそのまま契約してしまう人が多いです。

毎回の最小返済額が少なく済むことが、残高スライドリボルビング方式の利点ですが、返済額のうち元金返済額が常に少なくなるように組まれた返済方法と知っておくべきです。

 

金融業者にとって最も返済回数を長く出来て、総利息額を増やせることから多く採用されており、元金定額返済をされてしまうと、早期完済されるので金利が同じであっても総利息額が少なくなってしまい、金融業者があまり儲からないことになります。

複数の返済方法から選べるカードローンを見つけたら、返済額計算方法による違いを理解した上で決めると良いでしょう。

随時返済を活用して元金返済額を管理しよう

残高スライドリボルビング方式しか選べないからといって、悲観することはありません。

約定返済と随時返済が併用出来るならば、毎月返済する金額を自分で計算して、元金返済額をコントロールしてしまえば良いでしょう。

最小返済額として指定されている金額は、元金返済額と利息額の合計となるので、利用明細票を確認すれば元金として返済されている金額を確認出来ます。

 

随時返済として提携ATM経由で返済入金をすれば、目標とする元金返済額との差額分を毎月追加入金して返済すれば、元金均等返済に近づけられます。

元金返済額目標を決めて、毎月随時返済を繰り返せば、借入残高を毎月の目標元金返済額で割った月数で完済出来ることが分かります。

元金返済額を自分で管理すれば、利息額の多さを実感出来るので、金利が高いと感じたら借り換えを検討し、次回カードローン契約時には残高スライドリボルビング方式ではなく、定率返済方式や元金均等返済方式を採用しているカードローン商品を選ぶことになるでしょう。

 

借金返済は、計画性を持つことが何よりも重要です。

関連記事

  1. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選

    一人暮らしをしている時にアルバイトで生計を立てていると収入が少ないので…

  2. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

  3. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い

    カードローンの申込みを行なうと、申込み意思確認と審査が行われる過程で、…

  4. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント

    土日祝日に、急にお金が必要になったら?カードローンが便利なわけ土日…

  5. カードローン 状況別

    家族にバレずに利用したい!カードローンを家族に知られずに利用する方法を徹底解析!

    思いがけずに急な出費が重なったり、緊急的にまとまったお金が必要となるこ…

  6. カードローン 状況別

    学生がカードローンを利用してお金を借りる時のポイント

    学生の時は一人暮らしをしていると金欠の状態になってしまう事も多いのでカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    プロミスを利用する4つのメリットと2つの注意点
  2. カードローン 職業別

    学生向けのカードローンは利用限度額に限りがある
  3. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます
  4. 教育

    オンライン英会話の口コミを調べて
  5. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選
PAGE TOP