手続き

カードローン利用時の審査機能も持つ保証会社とは?

よく、「借金をするには保証人が要る」「担保がないと借入できない」というイメージを持っている人が多いですが、カードローンを借りるときに保証人や担保は要求されません。

それは「保証会社」があるからです。

その「保証会社」のことを知っておきましょう。

「返済が滞った場合に、代わりに返済する」

保証会社の大きな業務の一つが、代理弁済です。
代理弁済とは、借入をした本人が返済できなくなったり、遅延した場合に、保証会社が立て替えて返済をすることです。

この代理弁済があるおかげで、貸付会社は、貸し倒れの心配がなくなるわけです。

そのために、カードローンの申し込みのとき、条件の中に「保証会社の保証を受けられる人」とあるのです。

「保証会社の保証を受けられる」=「貸した人から返済してもらえなくなっても保証会社が代わりに返済してくれる」ということです。

ただし、「自分の代わりに、保証会社が返済してくれてラッキー」で済む話ではもちろんありません。

代位弁済により、求償権(代位弁済をした保証会社が、本来借入をしていた人に対して、償還を請求できる権利)が発生します。
簡単に言えば、保証会社が本人に代わりカードローンの返済をしたとき、保証会社には本人に代わりに返済をした分を返してくれと請求する権利が発生するわけです。

ですから、借金がチャラになるわけではなく、保証会社から返済を請求されます。

また、一番載りたくない「信用情報」に登録もされます。

この「信用情報」に登録(記載)されると、ある一定期間は新規の借り入れができなくなったりと、カードローン利用者にとっては、一番つらいお仕置きが待っているといってもいいでしょう。

「借入の時の審査を保証会社が行う」

借入の申し込みをしたとき、必ず審査はありますね。
この審査を行っているのが、保証会社です。

借り入れた人に代わって、カードローンの返済をするリスクを保証会社は負うので、その人が収入がある程度あるか、ほかの借り入れはどれくらいかなどを審査します。

そして申し込んが借入金額や借入限度額と収入やほかの借入金などの情報を加味して、審査の可否が決定します。

また、その時に「信用情報」も確認されます。

信用情報に登録されているということは、その人が以前に代位弁済を利用した、貸し倒れを起こしたなど、返済について信用できない人ということになり、審査が通らないといった結果になってしまうのです。

「保証会社が同じカードローンは審査の結果も同じ」

カードローン会社は保証会社に保証してもらうことで、保証人なし・無担保で貸付業務を行います。
その保証会社は、一つのカードローンに1社の保証会社というわけでなく、1社の保証会社が数々のカードローンの保証業務を行っています。

ですので、一度カードローンの申し込みをして、審査が落ちた場合、ほかのカードローンの申し込みをしてもそのカードローンが同じ保証会社の場合は、審査結果は同じです。

同じ会社が同じ内容について審査を行うわけですから、違うほうがおかしいですよね。
例えば、「アコム」が保証会社を担当しているところは、「セブン銀行カードローン」「じぶん銀行カードローン」などです。

ですから、セブン銀行カードローンで審査が落ちたら、じぶん銀行カードローンでも間違いなく落ちるということです。

審査会社は審査の基準を公表していませんから、もしかしたら他の保証会社なら審査が通るかもしれません。

「保証会社の費用は?」

住宅ローンなどを組んだ方ならお分かりかと思いますが、保証会社に保証してもらうということは、費用も当然発生します。

保証会社もボランティアでしているわけではありませんから。

でもカードローンを利用するときに利息のほかに費用がかかるとおもいますか?答えは、かかる費用は利息だけです。

では、保証会社の保証料はいったい誰が払ってるの?ということになりますが、それは金利の中に含まれています

カードローン会社は、利用者から受け取った金利から保証料相当額を保証会社へ支払っているのです。

「求償権が移った保証会社からの取立ては?」

現在は法律で、行き過ぎた取立て(早朝深夜の取立て・一日に何度も電話をかける取立て・ほかの金融機関から借入をさせて返済をさせる・暴力的な言葉や暴力による取立て)は禁止されていますから、常識の範囲内での督促となります。

携帯電話や自宅・職場への電話、督促の手紙やはがきなどです。

ただし、カードローンの返済のように毎月一定額の返済というわけにはいきません。

残額を一括で返済しなければならない可能性もあります。

また、差し押さえ等の法定手段へとうつる可能性も十分にあります。

 

「返済が難しくなったら相談」

返済を滞納したりして、保証会社が代位弁済をしたら、借りた本人にとっていいことは何一つありません。
返済が難しくなってきたら、まずカードローン会社へ相談しましょう。

返済の意思があることがわかればカードローンも柔軟に対応してくれます。

 

関連記事

  1. カードローン 状況別

    家族にバレずに利用したい!カードローンを家族に知られずに利用する方法を徹底解析!

    思いがけずに急な出費が重なったり、緊急的にまとまったお金が必要となるこ…

  2. カードローン 職業別

    カードローンを専業主婦が利用するためには覚悟が必要です

    カードローンを利用して借入が必要となった時には、以前ならば消費者金融を…

  3. カードローン 状況別

    主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン

    カードローンは、よくクレジットカードと比較されます。確かに、ど…

  4. 初めてのカードローン

    銀行系カードローンと消費者金融系カードローンは競合関係にあります

    キャッシングの申込みをする際には、銀行系カードローンと消費者金融系カー…

  5. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

  6. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い

    カードローンの申込みを行なうと、申込み意思確認と審査が行われる過程で、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い
  2. 初めてのカードローン

    銀行系カードローンと消費者金融系カードローンは競合関係にあります
  3. カードローン 職業別

    アルバイトが即日キャッシングをする時にオススメのカードローン4選
  4. カードローン 状況別

    カードローンで借りられるお金の増額をしたい
  5. 手続き

    カードローン利用時の審査機能も持つ保証会社とは?
PAGE TOP