カードローン 状況別

カードローンの同時申し込みはなるべく避けたい

急にお金が必要になって、キャッシングを急いで行わなければならない時ほどカードローンの同時申し込みを行ないたくなります。

同じ日に2社程度の申込みを行なう程度ならば、さほど気にすることは無いものの半年以内に3社以上の申込みを行なう際には注意が必要と言われています。

なぜカードローンの同時申し込みを避けることが望ましいのか、理由を知った上でカードローンの申し込み先を選ぶと良いでしょう。

カードローンの同時申し込みをしてもすぐに金融業者にはバレます

 

カードローンの同時申し込みを行なう数が多いほど、一斉に審査落ちとなることが増えてしまいます。
なぜカードローンの同時申し込みを行なったことを金融業者が知っているのか不思議に思う人もいるでしょう。

カードローンの審査段階では、本人確認と申込み意思確認が終わった段階で、金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会をかけます。

過去に行った金融取引について、申込み・借入・返済といった事実だけでなく、金融事故を起こしている場合には異動情報として記録されているわけです。
信用情報照会によって取り寄せた個人信用情報と申込内容が一致しているか、申告内容に間違いが無いか確認した上で、カードローン契約審査が行われます。

信用情報照会をかけた段階で、申込み履歴についてはリアルタイムで反映され、契約が成立していれば翌日になると借入金額が掲載されます。

申込みを行なって信用情報照会をかけた時点で、リアルタイムに申し込み履歴が確認出来てしまうシステムが構築されていることが原因となり、カードローンの同時申し込みは後から信用情報照会を行なった金融業者全てにバレてしまうわけです。

利用限度額を高く設定可能な場合であっても、他社も同様に利用限度額設定を行なうと、一気に多重債務者となり返済が厳しくなることが金融業者側の視点としては考えられます。

初回利用限度額設定に影響が出やすくなるので、カードローンの同時申し込みはなるべく避けることが無難とされています。

消費者金融は審査会社の存在を確認しよう

カードローンの中でも信販会社や消費者金融からの借入は、貸金業法に基づく総量規制の影響を受けます。
年収の1/3以上の貸付が原則として禁止されるだけでなく、違反すると貸金業者に対して罰則規定が設けられているので、カードローンの複数同時申し込みに対しては警戒感を強めるわけです。

また、大手消費者金融と中小消費者金融では、審査方法が根本的に異なっていることが珍しくありません。

自動契約機を全国に配置した大手消費者金融では、審査業務を分業化するために、専門の審査会社に審査業務を外部委託しているケースが珍しくありません。

利用規約を確認すれば、どの審査会社を利用しているか確認出来るので、大手消費者金融へ2社同時申し込みを行なう場合には、同じ審査会社を利用しないように注意する必要があります。

審査会社を調べずに、消費者金融の会社が異なるという理由から同時申し込みを行なうと、1社のみ申し込みしていたら審査に通過している場合であっても、同時申し込みが原因で利用限度額が半額ずつにされてしまったり、両方の消費者金融から審査落ち連絡を受ける可能性があるでしょう。

中小消費者金融は、事業規模や審査内容の複雑さから自社審査が基本ですから、外部審査会社へ委託することはメリットが無いので審査会社カブりは発生しません。

消費者金融2社同時申し込みを行なうならば、大手消費者金融と中小消費者金融に分けるなどの工夫が必要です。

銀行カードローンならば保証会社に注意

銀行カードローンについては、同時申し込みに関して消費者金融よりも厳しい判断が行われるケースが多いです。
半年以内に申し込み可能な数として3社以内としているケースが少なくありません。

消費者金融で4社以内としている会社がある状況下では、銀行カードローンは同時申し込みに関して厳しいとかんがえられるわけです。

銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利で貸付を行っており、銀行法に基づく貸付ですから総量規制対象外です。
審査次第では年収の1/3を超える貸付も可能な分だけ、審査を慎重に行なう傾向にあります。

銀行カードローンの契約には、本人確認電話の際に保証会社との契約を条件として貸付が受けられることを説明されるでしょう。

保証会社の審査に通過しない限り、銀行の審査に通ってもカードローンの契約が出来ないわけです。

保証会社として指定されている会社には、銀行傘下の信販会社や消費者金融が入っているので、実質的には保証会社による審査が行われています。

銀行にとっては、無担保ローン審査を即日行なうノウハウが信販会社や消費者金融ほど蓄積されていないので、保証会社として参入してもらうことにより、審査時間を早めているわけです。

異なる銀行カードローンに申し込みを行なったとしても、保証会社として同じ貸金業者が担当していたら、審査落ちリスクが一気に高まってしまいます。

銀行カードローン申し込み時には、審査会社がカブらないように注意する必要があります。

関連記事

  1. カードローン 職業別

    アルバイトでも、カードローンで今すぐお金を借りる方法

    アルバイトでも、カードローンを利用できるか?カードローンとは、銀行…

  2. カードローン 状況別

    カードローンの在籍確認方法は事前に調べておくと良い

    カードローンの申込みを行なうと、申込み意思確認と審査が行われる過程で、…

  3. カードローン 状況別

    カードローンの返済方法は1つでは無い

    カードローンの返済方法は、金融業者により様々な方法が用意されていますが…

  4. カードローン 状況別

    今すぐカードローンで5万円借りたい時にしておきたい5つのこと

    少額でいいから、今日中に欲しい!少額融資にカードローンが便利なわけ…

  5. カードローン 状況別

    学生がカードローンを利用してお金を借りる時のポイント

    学生の時は一人暮らしをしていると金欠の状態になってしまう事も多いのでカ…

  6. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます

    カードローンを利用できる環境が、改正貸金業法の完全施行に伴い様変わりし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    主に5点の違いがあるクレジットカードとカードローン
  2. カードローン 状況別

    レディースローンのサービスは加入促進目的で行われています
  3. 健康

    医療用かつらと増毛の注意点
  4. カードローン 状況別

    キャッシングやカードローンのデメリットを把握して最小限に抑える
  5. カードローン 職業別

    カードローンを専業主婦が利用するためには覚悟が必要です
PAGE TOP