カードローン 状況別

カードローンで借りられるお金の増額をしたい

カードローンとは最初に審査を受けて、この人であればこの金額までは貸せるという枠を貰うことになります。

それが融資可能額であり、例えば50万円の人もいますし、100万円の人もいるでしょう。

それは自分の金融信用情報によって違うことであり、人によって大きく変ることなのです。

 

では、一生、その金額から変ることがないのか、といえばそんなことはなく、増額をすることができます。

それは相手から打診を受けることもありますし、自分から申込みをすることもあります。

 

その際の注意点やどうすれば増額申請が通りやすいのか、というのを知っておきましょう。

信用を積み上げること

銀行系カードローンの場合、貸す事自体に制限が殆どありませんから、まさに相手次第になります。

総量規制というのが貸し付ける業者によってはあるのですがそれは消費者金融であり、銀行系には関係ないです。

ですから、銀行系のカードローンの場合、仮に年収が300万円ですと総量規制が引っかかるのであれば100万円となるのですが、それがありませんからそれこそ年収に相当する300万円も貸してもよいのです。

 

しかし、現実問題として貸すわけがなく、大体は総量規制の基準にもなっている年収の三分の一くらいが妥当となるでしょう。

ですがカードローンの申込みをした段階で基準のギリギリまで融資可能額を設定してくれるわけもなく、例えば10万円、20万円といった少額となることも多いです。

 

そこからどうすれば増額申請が通りやすくなるのか、といいますと信用を積み上げることです。

借りて、返して、というのをキチンとやっていくことによって、カードローン業者側がこの人は信用できる、となるわけです。

 

わざわざその信用のために借りて、返してを繰り返すことはないでしょうし、やる意味もないですがキチンと返済していくことが増額申請に繋がることは理解しておきましょう。

どのように申請するのか

たまに勘違いしている人がいるのですが増額された、相手からしてきた、という口コミなり体験談がありますがそれは間違っています。

クレジットカードと勘違いしているのでしょう。

 

カードローンの場合、無断増額は禁止されています。

増額申請が可能です、しますか?、といったボタンがATMなどで出てきて、そこを押したりしますと増えたりしますが、このときに審査を再度していますし、あくまでこちらからお願いした、申請した、ということになります。

無断で勝手に枠が増額された、信用がつみあがってそうなった、という意見なり体験談がありますがそれは間違いないので注意しましょう。

 

それはさておき、増額申請ですがこちらから申し込むこともありますし、相手から打診されたのでお願いしてみる、ということもあるでしょう。

増額申請自体にお金がかかることはありませんし、審査に時間がかかるとしても別にそれでデメリットがあるわけではないです。

 

見られるポイントははっきりとしていて、これまでの借り入れ、返済の実績によって判断されることになります。

収入証明などを出すことになる場合もあります。

当然、他社から借り入れた分が新しく出てきたりしますと駄目と言われることもあります。

 

かなり早い審査となることもありますし、再度確認しないといけない事項が出てきたりしますと時間がかかることもありますから、注意しておきましょう。

失敗するとまずい?

増額申請は断られることもあります。

相手からやってみませんか、といわれたときには大丈夫なことが多いです。

それでも確実ではないのですが相手はそれなりに調べた上で打診していますから、相手から言われたときにはかなり通る可能性が高いと踏んでも大丈夫でしょう。

 

自分から申し込むときには断られる可能性も少なからずある、というのは覚悟しておきましょう。

しかし、断られるとどうなるのか、という不安もあることでしょう。

 

実はそんなに心配することはないです。

何度も何度も申請しない限りは特に問題はないからです。

 

別にそれで金融信用情報に傷がつくこともありませんし、その点は怖がることはないです。

意味もなく申請をすることはお勧めできませんが断られることを恐れることもないのです。

そもそも断られることは意外とよくあることでもありますから、気にすることはない、とはいいませんがデメリットが大きくあるともいい難いことになります。

 

どんなことでも審査に落ちることは少なからずがっかりするでしょうが、また何ヶ月かして増額申請をしてみるとあっさりと通ったりすることもあるのです。

見るべきところは、収入、借り入れ額、他所からの借り入れ状況、返済のスムーズさなどであり、これが数ヶ月の間に改善されたりしていますと次にやったときにはすんなりと通ったりすることがありますから、一度審査に落ちたくらいで落ち込まないようにしましょう。

 

何もそれは珍しいことではないのですから、怖がらないことです。

関連記事

  1. カードローン 状況別

    家族にバレずに利用したい!カードローンを家族に知られずに利用する方法を徹底解析!

    思いがけずに急な出費が重なったり、緊急的にまとまったお金が必要となるこ…

  2. カードローン 職業別

    専業主婦でも、今すぐお金を借りられる最も早くて簡単な方法とは?

    収入のない専業主婦でも、カードローンを利用できるのか?専業主婦でも利用…

  3. カードローン 状況別

    プロミスを利用する4つのメリットと2つの注意点

    プロミスは大手の消費者金融でSMBCグループの完全子会社になっています…

  4. カードローン 職業別

    アルバイトでも、カードローンで今すぐお金を借りる方法

    アルバイトでも、カードローンを利用できるか?カードローンとは、銀行…

  5. 手続き

    カードローン利用時の審査機能も持つ保証会社とは?

    よく、「借金をするには保証人が要る」「担保がないと借入できない」という…

  6. カードローン 状況別

    レディースローンのサービスは加入促進目的で行われています

    女性のみが申し込み可能なレディースローンは、主に消費者金融が多く募集し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン 状況別

    カードローンの返済方法は1つでは無い
  2. カードローン 職業別

    学生向けのカードローンは利用限度額に限りがある
  3. カードローン 職業別

    カードローンはパート主婦でも利用できます
  4. 仕事

    社労士は国家資格で、注目されている職業である。
  5. 生活

    自動車学校の合宿で、人気のあるところのデメリット
PAGE TOP